国内初 唯一のまつ毛育毛承認薬 GlashVista® グラッシュビスタ®

あなたのまつ毛、こんなお悩みありませんか?

自分のまつ毛が不足していると感じる 自分のまつ毛が短いと感じる 自分のまつ毛が細いと感じる 自分のまつ毛が薄いと感じる チェックがついたら、あなたのまつ毛の悩みは「まつ毛貧毛症(睫毛貧毛症)=まつ毛が不足していたり、不十分な状態」かもしれません。

無料カウンセリングの予約はこちら

グラッシュビスタ®は国内唯一のまつ毛育毛承認薬です。

グラッシュビスタ®

グラッシュビスタ®は、米国ではFDA注1)の承認により2009年から睫毛貧毛症治療(まつ毛貧毛症治療)に使われており、2013年10月の時点で世界23ヵ国で承認され、多くの方々に使用されている医療用医薬品です。日本では2014年3月に厚生労働省によって製造販売が承認され、同年9月から使用できるようになりました。
2015年12月の時点で、「グラッシュビスタ®外用液剤 0.03%5mL」は国内初・唯一*の睫毛貧毛症治療薬(まつ毛貧毛症治療薬)として製造販売承認を受けた製品です。

グラッシュビスタ®の効果

グラッシュビスタは上まつ毛の長さ・太さ・濃さを改善する外用薬で、おもに睫毛貧毛症(まつ毛貧毛症)と呼ばれる、まつ毛が細く短く薄い、「まつ毛が不十分で物足りない患者様」に処方される医療用医薬品です。

グラッシュビスタ®(医薬品)とまつ毛美容液は何が違うの?

医薬品(グラッシュビスタ®)

直接作用 毛包(細胞)に直接働きかけ発毛

厚労省に唯一認められた医薬品を主成分としているまつ毛育毛薬。日本人での臨床試験が行われており、長く太く濃くなることが証明されている。1日コーヒー1杯分くらいのコストでエクステ・つけまつ毛から卒業できるかも?

まつ毛美容液

間接作用 栄養剤

化粧品の一種で、主にペプチドや生薬成分が含有されている。まつ毛に栄養を与えることでコシ、ハリが出るといわれているが試験は行われていない。皮膚環境を整えるだけなので伸びるかは運次第。直接伸ばす作用はなし。

症例写真

  • 使用前 4ヶ月後
  • 使用前 4ヶ月後
  • 使用前 4ヶ月後
  • 使用前 4ヶ月後

グラッシュビスタ®の使用方法

専用の刷毛を使用し、上まつ毛の生え際に塗布します

通常は1日に1回夜にグラッシュビスタ1滴を専用のブラシに滴下した後、上まつ毛の生え際に塗布します。
※塗布の際にはコンタクトレンズは外し、裸眼の状態で塗布してください。
正しい使い方を守ってご使用ください。

  1. 1.使用量及び回数

    片目ごとに、1日に1回1滴を専用のブラシに滴下し、上まつ毛の生え際に夜に塗布します。頻繁に塗布しても効果が促進されませんので、1日1回を超えて塗布しないでください。一度使用したブラシは廃棄してください。再使用はしないでください。

  2. 2.どのように使用するか?

    化粧を落として、洗顔後清潔な状態で使用してください。この薬をグラッシュビスタ®の使用方法に記載された要領で、添付されている専用ブラシを用いて、上まつ毛の生え際に塗布します。

  1. 3.使用中に気をつけることは?

    塗布したときに薬液が、上まつ毛の生え際以外についた場合は、ティッシュなど吸収性の素材ですぐにふき取るか、洗い流してください。一度使用したブラシは廃棄してください。片方のまつ毛の塗布が終わったら、新しいブラシを用い、もう片方の上まつ毛の生え際に同様に塗布してください。コンタクトレンズをつけている場合には、レンズを外してから塗布し、15分以上経過してからレンズをつけてください(コンタクトレンズが変色することがあります)。

  2. 4. 使用し忘れた場合は?

    片目ごとに、1回に2滴塗布したり、1日に2回塗布したりしてはいけません。

  3. 5. 多く使用した時(過量使用時)は?

    異常を感じたら、医師に連絡してください。

「グラッシュビスタ®」使用前の確認事項

次の人は、この薬を使用することはできません。

  • 過去にグラッシュビスタに含まれる成分で過敏な反応を経験したことがある人
  • 次の人は、慎重に使う必要があります。使い始める前に医師または薬剤師に伝えてください。・水晶体の無い人、眼内レンズを挿入している人・目の手術をした人
  • この薬には併用を注意すべき薬があります。他の薬を使用している場合や、新たに使用する場合は、必ず医師または薬剤師に相談してください。
  • 妊婦または妊娠している可能性がある人は原則として使用を避けてください。
  • 授乳中の婦人は使用を避けてください。やむを得ず使用する場合には授乳を中止してください(動物実験で母乳に移行することが報告されています)。
  • 小児(15歳未満)に対する安全性は確立されていないので、なるべく使用を避けてください。
  • 眼疾患または眼手術後で治療中の人は、必ず医師または薬剤師に相談してください。
  • 他の医師を受診する場合や、薬局などで他の薬を購入する場合は、必ずこの薬を使用していることを医師または薬剤師に伝えてください。
  • 高齢の人には、使用された経験が少ないため慎重に使う必要があります。
  • 男性に使用された経験は限られています。

無料カウンセリングの予約はこちら

GLOW2016年6月号に「まつ毛のお悩み」で当クリニック田邊総院長が特集されました!田邊先生が誌上でカウンセリング!

  • まつ毛の役割って何ですか?

    眼球を外界から守っています

    「まつ毛は目のキワに生えていますね。それは外界から飛んでくるほこりやチリ、砂、虫、汗などから眼球を保護するためです。さらに、まつ毛にほこりがついただけで私たちは瞬間的に目を閉じます。まつ毛は毛でバリアをつくると同時に、異物を感知するセンサーの役割もしています。また、ひさしのように伸びたまつ毛は、目もとに影をつくることで目に直接、紫外線が入らないようにしています」

  • まつ毛の悩みはクリニックで相談できるの?

    クリニックで相談できます

    「まつ毛の量や長さが十分でないとまつ毛の役割が果たせず、目に異物や紫外線が入りやすくなる可能性があります。少しでも困ったらクリニックで相談してください。クリニックではお話を伺って、まつ毛の状態を診ます。ここでまつ毛が不足していたり、不十分な状態である“まつ毛貧毛症”と診断されれば、まつ毛貧毛症の治療が行われます」

  • まつ毛が短いくらいでクリニックに行くのは気がひけます…

    まつ毛には重要な役割があります。遠慮しないでください。

    「クリニックに行くかどうかを決めるのは患者さんご自身です。ご自身でお困りのことがあれば、どんなことでもクリニックに来てくださってかまいません。まつ毛は目にとって、とても重要な役割がありますから、それが不十分だと困ることもあると思います。病気ではないけれども...と迷っていてももし困ることがあれば、クリニックにご相談下さい」

  • まつ毛貧毛症と診断されたらどんなことをされるの?

    毛包の状態によって治療方法が違います

    「まつ毛貧毛症と診断した場合は、生活習慣の指導、現状のケア方法に関するアドバイス、治療薬の処方など、あなたに合った対処法の指導や治療を行います。何らかの原因で毛包が壊れてしまっている場合は、まつ毛を植毛することもあります。毛包が壊れてしまっている場合はその毛穴からは新たにまつ毛が生えてこないからです」
    ※まつ毛貧毛症の治療は通常、自由診療で行われます。自由診療で行われた場合は、全額自己負担となります。

  • 何科で相談すればいいですか?

    眼科、皮膚科、美容皮膚科などです

    「眼科、皮膚科、美容皮膚科などで相談するとよいでしょう。来院する方はみなさん、病気ではなく皮膚をはじめとする体のコンディションを整えるためにいらしている方もいるので気兼ねせずに済みますよ」

特別価格 グラッシュビスタ 70日分(5ml) 17,500円※別途、初診料3,250円がかかります

無料カウンセリング申込み

メール予約は仮予約となります。

お急ぎの方はお電話にてご連絡ください。

ご予約日当日必須


ご希望のクリニック必須



お名前必須
フリガナ必須
ご年齢必須
来院履歴必須

メールアドレス必須
電話番号(携帯可)必須
予約希望日必須
【第1希望】




【第2希望】


ご相談内容
クーポンご利用
クーポン種類

▽プライバシーポリシー▽

■プライバシーポリシー
椿クリニックグループでは、個人情報保護法に基づく当院の基本方針及び取り組みとして、下記のプライバシーポリシーを制定致します。

椿クリニックグループ(以下、当院)では、当院の運営するウェブサイト(以下、当サイト)において収集した利用者全ての個人情報の取扱い・プライバシーの保護について細心の注意を払います。
尚、利用者は、当サイトの利用をもって当ポリシーに同意されたものとみなします。

・当サイトにおける個人情報とは 個人情報とは、個人を識別し得る全ての情報をさし、当サイトでは主に氏名・住所・年齢・性別・職業・電話番号・メールアドレス・アクセス記録などであり、その他についても他情報と組み合わせることで個人の識別ができるものについては個人情報とみなします。

・当院の個人情報の収集・使用目的について 当サイトでは、個人情報の収集については、使用目的を明確にした上で行ないます。尚その際の個人情報の収集項目は必要最低限に留めます。

・個人情報の開示について 当サイトは、利用者の個人情報を原則として開示することはありません。但し、利用者が当院及び第三者に損害を与えると判断した場合、利用者からの情報やアクセス記録を警察及び関連機関に通知することがあります。また、法律によってこれらの情報の開示を求められた場合、当院は、当院の権利や財産を保護する目的で応じることがあります。 当ポリシーについては、必要に応じて改変することがあります。

■プライバシーポリシー
椿クリニックグループでは、個人情報保護法に基づく当院の基本方針及び取り組みとして、下記に基づき個人情報の取扱いを行います。

椿クリニックグループ(以下、当院)では、当院の運営するウェブサイト(以下、当サイト)において収集した利用者全ての個人情報の取扱い・プライバシーの保護について細心の注意を払います。
尚、利用者は、当サイトの利用をもって当ポリシーに同意されたものとみなします。

・当サイトにおける個人情報とは 個人情報とは、個人を識別し得る全ての情報をさし、当サイトでは主に氏名・住所・年齢・性別・職業・電話番号・メールアドレス・アクセス記録などであり、その他についても他情報と組み合わせることで個人の識別ができるものについては個人情報とみなします。

1)個人情報の利用目的
当サイトでは、個人情報の収集については、使用目的を明確にした上で行ないます。尚その際の個人情報の収集項目は必要最低限に留めます。

2)個人情報を第三者に開示または提供する場合について
お客さまの個人情報は、以下の場合に第三者に開示・提供させていただく場合がございます。
1.ご本人から開示・提供についてあらかじめ同意をいただいた場合。
2.法令に基づく場合。
3.お客さまにお知らせした利用目的を達成するために、弊社提携クレジット会社等のビジネスパートナーに対して、書面または電子情報等により、収集させていただいた上記2に記載の個人情報項目のうち、必要な項目・範囲内で個人情報提供を行う場合。
なお、お客さまが個人情報の上記第三者への提供の停止を希望される場合は、お客さまからのお申出に基づき、個人情報の上記第三者への提供を停止させて頂きます。但し、その場合弊社の各種サービスが受けられなくなることがありますのでご了承ください。
4.お客さまにお知らせした利用目的を達成するために、個人情報の取扱いを業務委託先に委託する際に、必要な範囲内で情報開示・預託を行う場合。
5.この場合、当該業務委託先にも弊社と同等の情報管理を行うように義務を課し、管理を徹底致します。

3)個人情報に対する問い合わせ窓口
お客さまが、ご自身の個人情報のご自身への開示をご希望の場合には、ご本人であることを確認した上で、法令に従い、特別の理由のない限り、迅速に対応させていただきます。また、お客さまが、ご自身の個人情報の訂正・利用停止等をご希望の場合には、ご本人であることを確認した上で、法令に従い、迅速に対応させていただきます。 なお、開示・訂正・利用停止等に関するお問い合わせ、また、個人情報の取扱いに関するご質問・苦情等につきましては、弊社にお申し出ください。
■お問い合わせ先
銀座TSUBAKIクリニック 0120-333-731
自由が丘院 0120-935-138
心斎橋院 0120-159-017
名古屋院 0120-477-700

4)個人情報開示・差止め・削除の請求方法
個人情報の開示について 当サイトは、利用者の個人情報を原則として開示することはありません。但し、利用者が当院及び第三者に損害を与えると判断した場合、利用者からの情報やアクセス記録を警察及び関連機関に通知することがあります。また、法律によってこれらの情報の開示を求められた場合、当院は、当院の権利や財産を保護する目的で応じることがあります。 当ポリシーについては、必要に応じて改変することがあります。

△CLOSE

プライバシーポリシーに同意して