プラセンタ発毛メソセラピーの効果

プラセンタメソセラピーでは、極細注射針を用いて血流改善作用、多くの成長因子などを含むプラセンタを真皮内(約1.5〜2mmの深さ)に少量ずつ注入することにより頭皮環境を整え、細胞分裂を促し髪の毛を作る毛母細胞を活性化させ発毛を促すことができます。

これまで育毛サロンなどで行われていた方法では、有効成分が毛根まで浸透しにくかったのに対し、プラセンタメソセラピーでは、医療機関のみで扱える薬液を頭皮に ダイレクトに注入することができるため、より優れた効果が期待できます。

プラセンタメソセラピーでは、脱毛を進行させる因子を改善し、頭皮環境を整え健全化することで育毛を促します。

毛乳頭の血流改善

毛髪は毛母細胞が増殖・分化して作られます。この毛母細胞は毛乳頭に分布している毛細血管から栄養や酸素、発毛促進因子を供給されています。しかし、脱毛症の方の多くは頭皮の血液循環が悪くなっており、これにより毛髪の成長が抑制されるため毛髪が細くなり、成長する速度が低下します。

また成長期が短縮されるため、十分に生育しない状態で毛髪が抜け落ちてしまいます。プラセンタメソセラピーで使用するプラセンタには血流改善の効果があり毛母細胞の活性化を促します。

発毛シグナルの増加

プラセンタメソセラピーで使用する「プラセンタ」には多くの「発毛促進因子」「成長促進因子」が含まれ低下していた発毛シグナルを増加させ毛髪の成長を促進します